2014年06月19日

ユートピア 『行政府』2

 今、集団的自衛権がどうのこうのと、挙句の果ては行政府の長が最高責任者として憲法解釈という姑息な手段で、日本国の根本を覆そうとしています。
 皆さん、考えてみてください!
 今の世界、あちこちで紛争が起こり静まる気配がありませんが、この紛争は何故起きていると思いますか?民族問題・宗教問題・領土問題、昔はイデオロギーつまり主義主張の問題でありましたが、主義主張を持った国や国民は世界中探しても北朝鮮とキューバぐらいでしょう。
 今の紛争は表向きは、民族間の対立だ!宗派の争いだ!領土の分捕りあいだ!と言いますが、本気で終結する気持ちを持たぬまま、単に『武器・弾薬の無駄遣い』のための紛争です。地球上に武器・弾薬を消費してくれる所が無ければ軍事産業は経営が成り立ちません。俗にいう『闇商人』の利潤追求の紛争です。終わってはいけないのです!?!
 今!政府が心配している、万が一我が国が他国から宣戦布告されたり、同盟国がそのような立場に立たされた時、私たちは憲法九条の戦争放棄を理由に傍観するのかと言いますが、今!もし、第三次世界大戦が起きたら戦争は一年も二年も続きませんよ。二日ないし三日のうちに地球上は、例えは不謹慎かもしれませんが、福島原発の真っただ中のように被爆して、人類社会は終焉を迎えます。戦闘機が何機あっても、空母が何艦あっても、地対空ミサイルや戦車や、何の役に立つでしょう?
 今こそ日本国の平和憲法をしっかり見直して戦争を放棄し、地球平和のために、日本国が武器を持たない、人類全体の永遠の平和を実現する旗頭としての誇りある民族になるべきではないでしょうか!
 子どもたちだけでなく、私たち全員が美しい自然の中で平和に楽しく生きるために!!
 上記の理由で、私は、防衛省とか国防会議とかの『戦争ごっこ』は行政府に、日本国には必要ないと考えます。
 そんな国では他国から・・・・と懸念するでしょうが、『ペンは剣よりも強し』、何事も『話し合えば』解決します。第二次世界大戦も最後はポツダム宣言の話し合いで終戦を迎えたのですもの。
 世界平和・人類平和・ひとり一人の平和には武器は要りません!

投稿者 femil928 : 08:10 | コメント (0)

2014年04月23日

昨日の園外

 昨日は吾妻高原牧場に行く予定でしたが、雨上がりのあとで草に露が残っているので、急きょ保原公園に出かけました。

 風もなく穏やかな園外日和で、子どもたちも思いっきり楽しめたようです。
上は保原公園のジャンボすべり台の全景です。

投稿者 femil928 : 11:04 | コメント (0)

2014年04月19日

自衛隊の桜まつりに行きました

 先週の17日木曜日、荒井の自衛隊駐屯地に園外保育で行って来ました。
 ぽかぽかの春日和でエミールっ児は大喜び、
 戦車やヘリコプターの操縦かんを握って、すっかりパイロット気分。
 下の写真はその日の様子です。


投稿者 femil928 : 16:00 | コメント (0)

2014年04月16日

園だよりの紹介

今日の園だよりをアップします。

New新しい幼児学育と子どもの楽園を目指した
エミール幼児園だより
   平成 26年 4月 16日 (水) NO9 
思いやる心
 先日、ラジオを聞いていましたらこのようなお話が流れてきました。
「入学したばかりの息子、新しい生活に慣れなくて、登校時には手を引いて学校に送って行っていました。毎日泣きながら歩く息子…、と、そこに、通りかかった6年生の女子児童が、「同じ学校なので一緒に行きましょうか?」と、声をかけてくれました。心配でしたが、お願いしました。その日の夕方、その女の子が家を訪ねてきて、「同じ通学路なので、明日から一緒に行きませんか?」と、息子を気遣い、そう声をかけてくれました。私(母)は、涙が止まりませんでした。」
素敵なお姉さんだな、と、心深く感心しました。自らの意志で思いやりの行動ができること・・・、エミールでも、相手のことを考えながら行動に移しているアオさんキイロさんがたくさん見られます。昨日も、初めての園外活動「十六沼公園」に出かけたのですが、上手く下駄が履けないピンクさんに対して、一生懸命に履かせてあげたり、遊びを教えてあげたり、転んで泣いている姿を見るとすぐに「どこが痛いの?」と、優しく声をかけてあげたり、集合場所に手を引いて連れて来てあげたり、お家が恋しくなって泣きたくなった時も周りのみんなが楽しいことを言って気を紛らわしてくれたりする等など、書ききれないほどの思いやりを目にすることができました。
きっと、優しくしてくれるアオさんキイロさんたちの親さんも、お兄さんたちのお話を聞こうとしているピンクさんたちの親さんも、それぞれの立場で頑張っているお子さんの姿を見たら、涙がこぼれるでしょうね。
毎日、ピンクさんのお世話をしている大変そうなアオさんに「いつもありがとうね。」と声をかけると、「いいよいいよ、だってわたしはアオさんだもの。当たり前のことだよ!」と、ニコッと笑って言ってくれました。エミールっ児たちはすごいです!!

優しさがいっぱいの子ども社会、私たちも時には、子ども時代に戻りたいですね!!

投稿者 femil928 : 07:07 | コメント (0)

2014年04月14日

楽しく体操しました


素敵な青空の下子どもたちも気持ち良さそうに楽しく体操をしていました。

投稿者 femil928 : 15:10 | コメント (0)