2006年07月10日

一家に一台「ロボット」の時代

 
 今朝の報道で、深夜の防犯用にロボットが活躍している。
 
 子どもの遊び相手用のロボットが実用化された。

 炊事や選択、お掃除まで手伝ってくれるロボットも出来ている。

 と云った内容の報道がされていました。皆様は如何受け止めますか。

 ロボットの開発がこの程度で終わるのならば、チョッピリ微笑ましくも感じますが、人間の欲望は限りないものではと思ったとき、次から次とその欲望を叶えてくれるロボットが現存したら・・・・・

 その内、私の代わりに生き続けるロボットが開発されて、『我が命は不滅なり』と何百年も私は生き続けたと・・・・・これって『生きている』てこと??????

投稿者 norii : 13:40 | コメント (0)

2006年07月07日

16光年!!

 今日は七夕、七夕と言えば、ひこ星と織り姫が年に一度のデートの日ですよね。年に一度とは実にロマンチックですよね。私もそんなセツナイ恋をしてみたい・・・・・。

 ところで、ひこ星と織り姫の年に一度の出会いにはどれほどの接近なのか、皆様は知っていましたか。

 ひこ星「織り姫、僕は君を心から愛しているよ」と光通信で、愛を告白すると、

 16年後の今夜、織り姫に、その告白が届きます。

 織り姫「私も、ひこ星さんが居ないと、もう寂しくてさびしくて・・・・」と応えると

 織り姫の気持ちは16年後に、つまり32年後に、やっとひこ星は織り姫の愛が確認され「今夜ぜひ会いたいね」とひこ星がデートを申し込むと、16年後、つまり、48年後に織り姫に届き、「私もすぐに会いたいわ」と応えると、16年後、お察しのとおり、64年後に・・・・・・。

 結局、二人が、銀河鉄道で待ち合わせ場所に向かって合えるのは・・・・・さて、何年後ですか?

 答えがわかった方はメールで答えて下さい。正解の方には素敵な・素敵な夢をプレゼントします。

 皆様のご応募を心よりお待ちしています。

投稿者 norii : 13:46 | コメント (0)

2006年07月06日

パソコン

 現代社会はどんな希望もすぐに応えてくれると云う点では素晴らしい社会になりました。その代表的なのが、パソコンと云える。

 しかし、私ごとき初心者には、一端パソコンが故障すると、どうにもならない只の金属の箱になってしまって、ブログの投稿も途絶えてしまった。

 楽しい反面、やっかいな時代にもなったのだろうか?

投稿者 norii : 14:37 | コメント (0)