2006年09月30日

ありがとうございました

 本日は多数の皆様のご出席ありがとうございました。私の拙い説明でご理解が難しかったかと思われますが、ご不審の点がありましたら、お電話(024-533-5774)でも、ファックス(024-533-5776)でも、メール(t-norii@ezweb.ne.jp)でも結構ですから、何でもお尋ね下さい。もし、もう少し詳しくお知りになりたい方は、来る10月14日・土曜日・PM2:00から第2回目の入園希望者説明会を本園で行いますので、是非ご来園下さい。又、本園はいつでも皆様に開放していますので、見学にお出で下さい。本園は園外保育で子どもたちが外に出る事が多いので、いらっしゃる前にお電話等でご確認いただければ幸いです。
 皆様のご来園を心からお待ち申し上げます。

投稿者 norii : 21:34 | コメント (0)

2006年09月29日

明日、9月30日は入園希望者説明会

 いよいよ明日、9月30日日曜日は、来年度の入園希望者への説明会の日です。
 来年度、幼児園に入園対象となるお子さんをお持ちの親さんとしては、我が子の本当の幸せを叶えてくれる園は何処なのか、真剣に検討されている事と思います。
 私たちエミール幼児園としては、福島市で初めて『説明会』を実施しましたが、今では多くの園が『説明会』を実施するようになりました。これは大変好ましい現象であり、子を持つ親さんとしても沢山の園の説明会に出席して、どの園が我が子にピッタリなのか選択する判断資料が増える事で良い事だと思います。是非、何が本当の『保育』なのかを照準にして説明会にご参加していただけたら、きっとあなたのお子さんは幸せな人生のスタートを切ることが出来るのではないでしょうか。
 明日9月30日午後2:00から当園、エミール幼児園のお日様の部屋で行われます。皆様のご来園を心からお待ちしています。
 尚、駐車場は充分にご用意していますので、お車でいらっしていただいて結構です。
 又、説明会は約1時間ほどで行われますので早めにいらっしゃる事を願っています。そして、説明会の終了後直ちに願書の受付がスタートしますので、入園を希望される方は、入園願書に必要事項をご記入の上、住民票(家族全員)と入園料をご準備下さい。

 より多くの皆様のご来園を心からお待ち申し上げます。

投稿者 norii : 21:09 | コメント (0)

2006年09月28日

秋の一日

今日は素晴らしい秋晴れとなり、エミール幼児園らしく、急遽園外保育となりました。場所は信夫山第二展望台。秋の日差しが絶好調(?)のこの場所に福島市民は一人も来ていませんでした。エミールっ児の貸切状態で伸び伸びと遊んできました。

上記写真はロッククライミング。子どもたちは必死に頂上を目指して挑戦していましたが、中間ぐらいが限度のようでした。きっとそのうちに頂上に到達する児が出現する事でしょうね。その日が何時になるか楽しみですね。 ご覧の遊具は得意なもの、色鬼に活用したり、立って滑ったり、トンネルくぐりで迫力を増したり、それぞれに楽しんでいました。エミールっ児は裸足で駆け回っても平気でしたが、実習のお姉さんたちは素肌での遊具遊びはハードだったのか怪我をしていました。
思いっきり遊んだ後のお弁当は格別、汗を流しながら、冷たい牛乳でのどを潤し食欲の秋とモリモリ食べていました。  秋はスポーツの秋、行楽の秋、食欲の秋、そうそう、子どもたちは落ち葉拾いや、どんぐり集め、イモリの捕獲からヘビの収穫(?)まで、自然の秋を満喫した一日でした。

投稿者 t-norii : 12:43 | コメント (0)

2006年09月26日

安部新政権が発足

 ごめんなさい。ブログの更新にしばらく躊躇していました。なぜなら私のひとり言とは云っても皆様がお読み頂いている訳ですから、無責任なひとり言は軽率には書いてはいけないと確信していますが、これを書かないと(実はもう一つあるのですが)子どもたちの将来に申し訳なく、皆さんとも真剣に考えたいと、いや、考えなければならないと心ばかりが、苛立っていた日々でした。とにかくこれと次を書いて、エントリーしたら、又、いつものように日々のひとり言をエントリーして行きたいと思います。そんな訳で今日と次のひとり言は私の上記の気持ちを汲み取ってお読み下さい。本心は子どもたちの幸せ、子どもたちの明るい未来への提言だけなのです。他に他意はありません。

 安部新政権が発足しました。文部科学大臣に伊吹さんが就任したようです。この内閣は憲法改正と教育基本法の改革を進めることを重点政策と考えています。

 皆さん教育基本法はどの様に改革されようとしているかご存知でしょうか?

 先般、『日の丸・君が代の強要は違憲』との裁判所の判決が下された事はご存知ですよね。あの判決の違憲とは、教育基本法第10条に『教育は不当な支配に服してはならない』と云う条文があり、故に強要は違憲との判断が下されたのですが、今、これから安部新政権が国会に提出しようとしている改正案には、第10条はそのまま手をつけず、この、手をつけずにする事がしたたかなんです! 第10条を残しておいて、新たに『教育はこの法律や他の法律の定めるところで行われる』との文言が追加されているのです。皆さんここをしっかり確認して欲しいのです。『他の法律』とは何ですか。教育基本法は『教育』の根本を定める法律なのに、その教育を『他の法律』で取り締まろうとしているのです。私たちの子どもは得体の知れない『他の法律』の下で教育が統制されて行われようとしているのです。

 皆さん、教育基本法の改定は単にこの条文だけではありません。他にも沢山の玉虫色で改悪が隠されているのです。そして、教育基本法だけでなく『憲法』も同様に改悪されようとしているのです。

 ついでに、一気に書いてしまいますが、『他の法律』とは、『条令や服務命令』なども拡大解釈されます。そうなれば、日の丸・君が代の強要は違憲との判断は、『都条例』『校長の服務命令』と云う他の法律で『合憲』の裁判が下される事にもなるのです。

 一気・一気・一揆!?!

 私、個人的には、反対する人・賛成する人、それぞれに理由はあると思いますし、あって当然と考えます、しかし、トラウマのような思考から脱却して、『国歌・国旗』はあるべきと確信します。日本国民である誇りを、日本国民の心のよりどころとして国旗・国歌があり、世界に誇れる国民・国家『日本人・日本国』の精神は大切ではないでしょうか。トラウマ的思考はやめましょう。

 どうしてもトラウマなら、

 『日の丸』の中の赤い丸の中に白抜きで『鳩』のデザインを入れませんか。
 そして、『君が代』がいやなら、皆様は君が代に二番があるのをご存知ですか? あるんです! 一番でなく二番を歌いませんか。二番もいやなら、三番を皆さんで作ってみませんか?

 例えばこんな歌詞はいかがですか

 われ(我)らのくに(邦)は
 せかい(世界)のへいわ(平和)をめざし
               きよ(寄与)し
 しぜん(自然)をあい(愛)し
 とわ(永久)にさか(栄)えるにほん(日本)

 あっぱれ・あっぱれ(自画自賛)!!!!!!!

投稿者 norii : 17:16 | コメント (0)

2006年09月15日

子どもの暴力・学校だけの問題ではない

先日の朝日新聞の社説に、タイトルの見出しで、子どもたちの暴力行為について、

暴走に走りがちな子どもについて、二つの共通点が指摘されて来た。一つはストレスや不満をため込んでいること、もう一つはストレスの爆発を自制する力が弱いことだ。

との様な事が書かれていました。
 確かに社説の通り現代っ子にはストレスや不満が一杯あり、自制する力が弱いのですが、これは単に現代っ子だけとは限らないのではないでしょうか?
 私たちの子ども時代でも、その昔の子どもたちでも、ストレスや不満は沢山ありましたし、自制心とは何じゃと云わんばかりに暴れまくる子どもは沢山いました。しかし、そんな子どもたちの暮らす社会には『地震・カミナリ・火事・おやじ』と云ったコワイ親と、コワイ近所のおじさん・おばさんが存在して、ストレスだの不満だのと子どもがワメク前にゲンコツの二つ三つが落とされ、世の中は大変なところだと体で知らされ、逞しく生きなければこの世は生きて行けないと覚悟させられました。ここには現代社会で云う『子どもの人権』は微塵も見られませんが、『子どもの人権』以前の大切な『生きる』と云う教育が無言の中に行われていたと確信しています。『子どもの人権』大切な・尊重されなければならない事ですが、それ以上に大切なものが世の中にはあるのではないでしょうか。
 『生きる歓び』これは私の父が残してくれた私への最高の言葉であり、今では私の『宝』です。生きる歓びは人に与えてもらうものではありません。生きる歓びは自分自身が苦難の道のりを乗り越えたときに自分の心で感じ取るものです。『ストレス・不満』最高じゃありませんか ! ストレスや不満があるから快楽があり満足があり歓びがあるのです。
 私たち大人は間違った理解者にならないようにしたいと思いませんか。
 私たち親は、安っぽい同情や間違った愛情で子どもをダメにしていると思いませんか。
 学校の先生や他人が厳しくしてくれる事に感謝しても良いと思いませんか。

 傷ついて帰ってくる我が子の言葉に耳をかたむけ、我が子の非を優しく諭し、逞しく生きる力をやすらぎの眠りで育むそんな家庭を子どもたちに提供してあげたいものですね。

 子どもたちを育てるのは私たち『親』ですよ!!!

投稿者 t-norii : 14:17 | コメント (0)

2006年09月14日

いじめと暴力行為の発生が全国最低

 今日の民友新聞のトップ記事に表題の見出しで報道されていました。ご覧になったでしょうか?
 みなさんはどう受け止めますか。福島県は、いじめも暴力行為も全国では最低だから・・・・と一安心でしょうか?
 いじめも暴力行為もゼロです、と言う報道であればそれは嬉しい事ですが、発生率は最低でも、現実には発生しており、被害にあう子どもは私たちの身近に存在し、暴力行為の噂は日常的に耳にします。統計的に見て済まされる事ではないと思いますよね。
 記事を読むと、発生率は最低でも、発生件数は年々増加しており、普通と思われる子どもが突然暴力行為に及ぶ事も珍しくない・・・・との記事も読み取れます。
 いじめる子・いじめられる子、暴力を振るう子・暴力に合う子、いずれも私たちの一人ひとりのかわいい子です。どうして、そのかわいい子が、その当事者に育っていくのか・・・・・。
 もう一度、私たち親は・大人は『子育て』について真剣に考えあう集団にならなければならないのではないでしょうか。私たち親が・大人が真剣に『我が子の幸せを』考える集団に変化したとき、発生件数はゼロになり発生率は全国どこでも最低のゼロになるのでは・・・・ゼロにしたいですね!!! 

投稿者 norii : 10:48 | コメント (0)

2006年09月10日

楽しかったね!いもリンピツク!

素晴らしい秋晴れの下いもリンピツクが楽しく元気良くにぎやかに行われました。
結果は上記の写真の通り、赤組817点、白組819点と僅か2点の差で白組が優勝しました。白組の皆さんは、胸に金メダルをもらい、負けた赤組は悔し涙と次回のスケート運動会への決意を新たにしていました。きっとスケート運動会の赤組は逞しく成長してくれることでしょうね。ところで2点の差の内容ですが ご覧の写真のように、最後のリレー結果で逆転という正しく一進一退の大激戦、途中経過の得点発表でも発表毎に逆転で、子どもたちのハッスルも素晴らしいものが沢山ありました。そして、親さんがたの競技も下の写真のように、必死そのもので、金メダルは親さんと子どもたちの共同作業の結果でしたね。
兎にも角にも、本当に素晴らしいエミール幼児園でなければ味わえないド迫力満点の『いもリンピック』てしたね。『よさこいソーラン』もジャズダンスも親子玉入れもよかった!よかった!ご苦労様でした。  さて、いもリンピックも終わり、次は来年度の『入園児募集』ですね。9月30日の入園希望者説明会へのご支援・ご協力・ご紹介を宜しくお願い申し上げます。

投稿者 t-norii : 17:35 | コメント (0)

絶好のいもリンピック日和

 今日9月10日の『いもリンピック』は絶好の日和の中で実行します。
 天気予報では最高気温が32度になるとの予報ですので、皆様には暑さ対策を、そしてお茶や水(間違ってもジュースなどの甘い飲料水は控えてください)の準備をお忘れなく、9時30分頃までに、トン汁の配分材料と、お椀・箸・お弁当・お盆・そしてマタマタ『ごみは各自お持ち帰り』ですので『ごみ袋』をお忘れなくお集まり下さい。
 追伸、このホームページをご覧の一般の方々も良かったらトン汁の配分材料以外の上記の準備物をご持参の上ふるってご遊びにいらして下さい。

投稿者 norii : 06:23 | コメント (0)

2006年09月07日

いもリンピツクも間近

いよいよ今度の日曜日、9月10日はエミール幼児園の園庭にて『いもリンピツク』が開催されます!
上記写真は、子どもたちの練習の風景ですが、子どもたちは金メダルを目指して熱気ムンムンです。当日はエミールでしか味わえない先生方の趣向を凝らした沢山の競技と、ジャズダンス、そして何よりも是非見てもらいたい『よさこい』の踊りも準備しています。皆様近所となり、知人・友人お誘い合わせの上是非いらっして下さい。当日は、お昼時にトン汁を用意していますので、お椀と箸をお忘れなくご持参くださいね。このトン汁も絶品です。・・・・ごっくん・・・・今から咽喉がなります。

投稿者 t-norii : 12:31 | コメント (0)

2006年09月05日

さぁ ブログの再開

 お久しぶりです。夏休みになって何かと忙しく、パソコンに向かう時間が無かったり、子どもがパソコンをいじっていて、使い方がまずかったのか、いざブログを書こうと思ったら、パソコンが固まって動かなくなり・・・・と色々トラブッテ、今日やっと使えるようになりました。そんな訳で今日からまたブログを再開したいと考えています。皆様のご感想やご意見を是非是非お聞かせくださいね。楽しみに待っています。
 これからのブログには出来る限り写真を添付したいと思います。写真も楽しみにして下さい。

投稿者 norii : 20:22 | コメント (0)

ご来光

遅くなりましたが、今年のサマーキャンプから初めました、早朝登山による、ご来光の瞬間の写真を公開します。
この日は、梅雨が明けやらぬ、梅雨真っ只中の7月26日でしたが、子どもたちの日ごろのトレーニングの成果と日ごろの行いの良さで、早朝から空は晴れ渡り、子どもたちは爽やかな空気と、ピント張り詰めた清々しい中を吾妻登山となり、山頂では写真のように素晴らしいご来光となりました。  きっと、子どもたちの心の隅に、いつの日か思い出としてよみがえる日があるのではと、自己満足しています。

投稿者 t-norii : 15:11 | コメント (0)

残暑厳しい中

今日は残暑厳しい中、子どもたちはご覧のように楽しく水しぶきをあげていました。
今週末のいもリンピックの練習の後、火照った体を冷やすとともに汗を流した子どもたちはこの後美味しくお弁当を食べていました。子どもの世界は本当に羨ましい限りです。  今度の日曜日には是非多くの皆様にいもリンピックを見にいらして頂けると嬉しいですね。

投稿者 t-norii : 14:43 | コメント (0)