2006年10月25日

義務教育とは

 昨今の『教育問題』を考えるにあたってまず皆さんに確認しておきたい事です。

 皆様は『義務教育』とは何てであるか考えた事がありますか。

 『義務教育』とは、国民は、その保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる義務を負う。

 と教育基本法に書かれています。親さんが普通教育を受けさせる義務であって、子どもが学校へ行かなければならない義務ではない事をしっかり把握してください。

 それでは、普通教育とは? 学校教育とは? に付いては明日以降に・・・・

投稿者 norii : 20:10 | コメント (0)

教育再生会議・教育基本法改定

 今日ある読者から、「園長のひとりごと」は読んでいて大変難しいけれど、何か私たちの子どもたちの未来に対して大切な課題が、今この国で決められようとしているんだなぁと感じられ、私も子を持つ親として関心を持たなければ・・・との感想を頂きました。ありがとうございます。私たちの子どもに代わっても、本当に本当にありがとうございます。難しいけど皆さんで真剣に考えましょうね。

 ところで早速、今日の昼のNHKニュース(NHKと云えど公共の公平な立場の放送局でない事を充分に心してください。むしろ国営放送局と受け止めるべきでしょうね)で、昨今の教育現場のいじめをはじめ履修教科の改ざん等の諸々の問題を考えたとき、教育再生会議での具体的検討と解決策の策定の緊急を要し、又、教育基本法の改正案の今国会での成立を目指すことを安倍総理が指示したとのニュースが一連の『いじめ』『虐待』『履修科目の改ざん』等の視聴者の不安を煽るニュースの後に報道されていました。今夜の9時からのニュースでも教育再生会議を特集で報道する予定です。

 皆さん、文部科学大臣が云うから、大学教授がそう云うから、何か偉そうな人が云うから、と無批判に受け止めないで下さいね。報道は報道する方の都合の良いものだけをピックアップして、都合の悪いものは消去して報道されているのですから!!!!

 子どもたちの未来を守るのは私たち子を持つ親の責任です。

投稿者 norii : 12:35 | コメント (0)

2006年10月24日

11月1日朝8:40

 来る11月1日(水) 朝8:40から福島中央郵便局のロビーで、エミールっ児が乱舞します。

 11月1日は年賀はがきの発売日ですね。福島中央郵便局では発売記念のセレモニーを計画しています。そのセレモニーに『花』をそえる意味でエミールっ児が招待されました。子どもたちは日ごろの課業での『ジャズダンス』と、いもリンピックで疲労した『よさこい』をやることになりました。

 皆様のご来場を心からお待ちしています。どうぞ子どもたちの元気な姿を一目見てやってください。

投稿者 norii : 19:44 | コメント (0)

虐待・いじめ

 日本国全域で『いじめ』が話題になっているかと思えば、今度はまた『虐待』があっちこっちで起こっています。まさしく日本列島は子どもたちには住みにくい国になってしまっています。『美しいくに日本』にはなるのでしょうか???
 せめて、せめて、子どもたちが楽しく・生きる歓びを体感できるくに日本にしてあげたいですね。

投稿者 norii : 08:49 | コメント (0)

2006年10月23日

ぶつぶつ(2)

 最近のマスコミ、やたらと『いじめ』報道が多いと思いませんか。

 ぶつぶつ・・・このいじめ報道の過剰には何か異常を感じるぞ、何かの布石かも知れぬ・・・ぶつぶつ
 ぶつぶつ・・・ほれほれやっぱり、国民の心を現在の教育現場に目を向けさせるための手段だったんだ・・・ぶつぶつ
 ぶつぶつ・・・伊吹文科相のたまわく、いじめ対策には教育改革が必要、ほらほらやってきた。早い話が教育基本法の改正が狙いなんですよ・・・ぶつぶつ
 ぶつぶつ・・・先生の免許を定期的に更新させる、先生の指導力を向上させるために定期的な研究講習会の義務付けを・・・つまり、先生たちを上層部によるしっかりした管理下に統治しようと・・・ぶつぶつ
 ぶつぶつ・・・昔のどこかの国の軍国主義教育は先生たちをしっかり管理統治して、軍国主義へまっしぐらと突き進めた・・・まるでその時を再現しようとの魂胆。そんな先生たちに指導される子どもたちに本当の幸せはあるのでしょうか・・・ぶつぶつ
 
 教育の現場のみならず、いずれの社会でも『いじめ』は許されません!!! しかし、教育現場の『いじめ』は教育制度や教育法を見直す事で解決されるものでは絶対にありません!!! みなさんマスコミや長いものの言いなりに振り回されてはいけません。単に我が子だけでなく日本国全体の損失を招くだけですよ!!! なにが『いじめ』の根源かしっかり考えましょう。

投稿者 norii : 09:02 | コメント (0)

2006年10月20日

ぶつぶつ(1)

 ぶつぶつ・・・福島県知事選の自民党候補に森誰々とかと云う得体の知れない候補(得体の知れないとは失礼かな?でも自民党県議の誰もが知らない人だったそうで、自民党県議は先日初めて会ったそうですし、私も森の熊さんなら歌で知ってるけど・・・)人が決まったそうです。本当に県知事にふさわしい方なんですか?落下傘候補で操り人形と懸念しては・・・・ぶつぶつ
 ぶつぶつ・・・福島県には県知事にふさわしい方は一人も居ないんですか? 福島県議の皆さんは福島県を愛し、県民のために働きたいと言って県議になられたのではないんですか? それなら前県知事が汚れて首になってやめたのですから、自分が県知事になれる千載一遇の絶好なチャンスなのに・・・ははぁ~ん、彼らもひょっとすると前知事と同じ穴の狢で汚れているんだ!!そうだとしか考えられませんね・・・ぶつぶつ
 ぶつぶつ・・・懲りない面々が旧態依然の候補者選びをして、政策協定を結んで(政党や企業とではなく、私たち県民と協定を結んでくれるなら大歓迎ですけどね)、また莫大なお金を使って(今回は想像を絶する額になりますよ)旧態依然の選挙制度で選挙をすれば、又、同じ結果を招く事間違いなし、いやいや、手口がより巧妙になって、県民の知らないところで・・・・ぶつぶつ
 
 ごめんなさい、私のひとりごとでした。気にしないでくださいね。

投稿者 norii : 09:45 | コメント (0)

2006年10月18日

しあわせを歌にすると

 『しあわせ』を考えていると、私の頭の中に、皆様はご存知でしょうか、文部省唱歌『冬景色』のメロディーが流れてきます。

 歌詞は、
 ともしびちいかく 絹縫う母は 春の遊びの楽しさ語る 居並ぶ子どもは 眠さ忘れて 耳を傾け 喜び勇む 囲炉裏火は とぉろとぉろ 外はふぶき

 昔の歌です。きっとこんな歌詞だったと思います。

 家族がいました。家庭がありました。会話がありました。生きてる姿が見えました。

 貴方にとって『しあわせ』の歌はどんな歌ですか?

投稿者 norii : 17:12 | コメント (0)

2006年10月17日

いじめ・いじめ・うらみ

 先生の一言がいじめの原因で中学生が自殺
 校長先生のいじめ(パワァーハラスメントと云うそうです)で中学校の先生が自殺
 JR福知山線事故で、事後処理の不誠実な対処に怒りのやり場を失い『うらみ自殺』
 一年前の子どもの自殺の原因は調べた結果『いじめ』が原因でしたと認め、教育委員会のお歴々が辞職
 
 パワァーハラスメントで自殺・いじめで自殺・うらみで自殺、当人にはその道しか残されていなかったのだろうと思うと実に悲しく・空しく・私たち自身も暗い気持ちになってしまいます。

 でも、死んでしまったら何の解決にもならないのでは?
 
 でも、自殺と言う事件性にしないとマスコミも大衆も学校も会社もそして何よりも警察までも真剣に対処しようとも動かない『世間の無関心』はどうなっているんだろう。

 私たち自身が『いじめ』や『不誠実』や「パワァーハラスメント」に負けない強い精神力を育まなければ生きて行けないのだろうね!?!?

 そんなに私たちは強く成れませんよね!?!?

 そこで『三本の弓矢』です。一本の弓矢では勝てません。強くはなれません。二本、三本と助け合う事で勝てるのです。強くなれるのです。家族が助け合う事です。家族で話し合う事です。家族で力を合わせる事です。それでこそ勝てるのです。それでこそ逞しく成れるのです。

 『家族の絆』今を逞しく生き抜くキーワードです。失われつつある『家庭』を取り戻しましょう!

皆様のお考えをお聞かせ下さい。

投稿者 norii : 15:40 | コメント (0)

2006年10月16日

しあわせ

 今朝は清々しく爽やかに晴れわたり、「おはようございます」の挨拶が心のそこから素直に出でくる朝でしたね。そんな中娘の登校に付き合って下駄を鳴らして歩いていると、ふと、幸せってこんな時かなと思いました。皆さんにとって「しあわせ」な時とはどんな時ですかお聞かせ下さい。

投稿者 norii : 16:10 | コメント (0)