2011年08月24日

だったら 1

 童謡に「そうだったらいいのにな そうだったらいいのにな」と言う子どもの淡い願いが込められた可愛い歌があります。その子どもの可愛い願いに便乗して、私の願い事を〖だったら〗シリーズで綴って見たいと思います。
 第1回目は、今、皆さんが一番心配している〖放射線〗について、私の〖だったら〗を綴ります。
 今、私たちは、この福島に住んでいても大丈夫なのだろうか?今は良くても、20年後、30年後、大人は良くても子どもたちは40年、50年、その後々もと考えると、本当に大丈夫なのか?と近未来を、先々を心配しているのでしょうね。子どもの幸せを考えるとき、子どもの幸せとは子どもだけが幸せならばそれで良いのではなく、子どもを含めた全家族、いや子どもが生活する全ての人々を含めた全環境が安全で安心出来るものでなければなりませんね。
 国や県などでは「今」の安全、安心の対策に、時には無駄遣いとも思われる使い方で巨額の資金を使っていますが、「未来」への保障が全然見えませんね。
 そこで私の〖だったら〗ですが、福島県民全員に〖愛の手帳〗(分かりやすく言えば〖被爆者手帳〗ですが、余りにも露骨で惨めですし、後々にその手帳を持つことで差別の対象にされないとも心配なので・・・・杞憂であって欲しいのですが)を発行してもらい、年2回の健康診断を受診する事が、手帳受給者の義務と引き換えに、国や県は、その定期検診の費用を初め、その人が、その人の人生の全ての期間に於いて放射線の影響で発病した医療費やそれに伴う生活の補償もしなければならない義務を負うようになったら、皆さんは未来への不安が一つ解決しませんか。私は〖そうだったらいいのにな〗と思うのですが。

投稿者 femil928 : 10:35 | コメント (0)

2011年08月21日

来年度の園児募集

 来年度の園児募集の季節がやって来ました。
 エミール幼児園では、子どもたちの健全な成長を願い、親さんのご協力を頂いて、福島県内の何処よりもいち早く園庭の表土の剥離除染(4月中旬に実施)をしました。しかし、除染は限りなく0に近くなければ安心できません。近日中には再度剥離除染を行いますが、子どもたちの安全と未来への安心のために、週2回は〖園外保育〗として宮城県・山形県・会津地方などの安心して戸外活動が出来る所で自然の遊びをしています。また、放射線の測定値の変動に一喜一憂したり、食物の放射能汚染で不安を抱いている子どもたちの精神的ストレスを癒し何よりも健康で逞しい体を育む事が大切な観点から、剣道やジャズダンス、太鼓遊び、リトミック、水泳、スキー、スケート等の体を使った体験活動を日々の保育に取り入れ、ストレスを癒しています。
 そして、エミール幼児園の学育精神である〖健康で頭の良い子に育てよう〗に則り、知能遊びやコーナー別環境設定、オープンクラスを行い、元気で明るく、意欲満々な思いやりのある優しい子どもたちが園舎いっぱいに活動しています。
 10月1日(土)AM10~エミール幼児園で入園希望者説明会を開催しますので、我が子の本当の幸せを考えていらっしゃる方、二度と出来ない子育てに悔いを残したく無い方、本当の保育を求めていらっしゃる方は、是非ご出席ください。心からお待ちいたします。
 尚、詳しくお知りになりたい方は、月曜日は、剣道や知能遊び、リトミックを行っています、また、水曜日は、ジャズダンスや太鼓遊び等を行っていますので、電話でご確認の上御来園下さい。他の日は園外保育やプール遊び等で子どもたちは居ませんのでよろしくご確認ください。

投稿者 femil928 : 10:40 | コメント (0)

2学期スタート

 明日、8月22日(月)からエミール幼児園は2学期をスタートします。
 今年の夏は猛暑と、秋雨前線による寒気団の南下による冷夏とが交互に繰り返されて、「暑いね!」と「あの暑さは何処に行ったの?」との挨拶が繰り返された夏でしたね。長期予報によれば今年の猛暑も一段落して残暑も短く、秋の到来も早まるとか、天高く馬肥ゆる秋を子どもたちの歓声で明るく楽しく迎えたいものですね。原発事故の処理は遅々として進みませんが、一歩一歩前進していることを確信して、健康で逞しい子どもたちの成長を温かく見守って行きたいものと思っています。 
 園庭の洗浄工事も近日中に行われる事になってます、直近の測定値は、園庭で0.9~0.7、園舎内は0.3~0.2ですが、工事が済めば園庭は0.3~0.4程度には間違いなく低下されると言われています。早く安心して園庭で思いっきり遊びたいですね。
 明日から皆さん元気良くエミールへ来てくださいね!待ってるよ!!

投稿者 femil928 : 07:39 | コメント (0)

2011年08月15日

66回目の終戦記念日に思う

 今日2011.8.15は66回目の終戦記念日ですね。終戦記念日と言っても、今では何の戦争の終戦記念日なのか分からない人もいるのでは、と思う程平和な現代社会ですよね。
 66年前、第二次世界大戦が終戦を迎えたとき、日本国民は、いや、世界中の人々が「やっと世界に平和が来た!もう二度と戦争はいやだ!戦争は絶対やってはいけない!戦争は多くの人々、特に子どもたちの未来を奪ってしまう!」と戦争の悲惨を心の底から感じ取り、まるで今回の原発事故の直後の私たちが「原発は私たちの未来を平和に安全に限りなく存続させるために絶対いらない!」と思ったように、それぞれの心にしっかり誓ったはずなのに・・・・・・・。
 あの忌まわしい戦争の後も、地球上のあちこちで、我が民族を守るために、わが宗派を守るために、我が国益や企業の利益を守るために、挙句の果ては、平和を守るためにと訳の分からない理由で戦争が絶えませんね。いまや原発も同様で、快適な現代国民の日常生活を守るために、企業の安定した生産や経済活動を維持するために、人命に関わる医療機関に安定した電力の供給を守るために、何よりも低コストの電力を供給するには原発がこれからも維持されなければならないと嘯く関係者。
 私たちは、〖人間の命を守る〗と言う何よりも第一義的に挙げられる目的を守る事を、忘れずに戦争を原発を考えなければならないのでは・・・・・・・・・と終戦記念日に思っています。

投稿者 femil928 : 09:13 | コメント (0)

2011年08月14日

初めまして

 初めまして、私はエミール幼児園の園長の法井太閤です。前任の園長は1年間もブログを更新せず、俗に言う「ずぼらな園長」だったかも知れませんが、新任の私は、同姓同名ですが、きっと前任者よりも若々しいヤングマン(顔は・・・?!?)ですので、以前よりも頻繁に更新する決意です。きっと前任者も気持ちは若かったのでしょうが体力が無かったり、何よりも3月11日の大震災とその後の、絶対にあってはならない「東電の原発事故」によってブログの更新どころではなかったのだと思います。しかし、原発事故の一時も早い収束が何よりの願いですが、セシウムの半減期は30年。汚染された我が国土が元に戻るのは長い期間が掛かります。いつまでもしなだれている訳にも行きませんよね。頼れるべき我が日本国も主軸が定まらない現状ですものね。我々大和民族が本来の逞しさを蘇らせて、英知を持って頑張りましょう。

投稿者 femil928 : 08:56 | コメント (0)