2011年10月26日

だったら 番外編

 昨日(2011年11月15日)の北朝鮮と日本のサッカー戦を多くのサッカーファンはご覧になられたことと思います。
 あの実況中継で皆様は何かを感じませんでしたか?
 5万人の北朝鮮の観戦者に対して150人の日本人のサポーター、この人的異常さもさることながら、国歌斉唱のときのブーイングは、あれでも許されるのでしょうか?日本の国歌はブーイングで聞き取れませんでしたが、一方北朝鮮の国歌は5万人の大合唱でしたね。
 お国柄とは言え、強制された統制の下とは言え、選手も5万人の観戦者も大きな口を開けて国歌を歌う姿は素晴らしいと私は思いました。皆様は如何でしたか?
 一方日本の国歌はブーイングでかき消されてしまいましたが、君が代を歌っていた選手は数人で、ほとんどの選手は口元が動いていませんでした。もうあの時点で負けは決まってしまったと私は思いました。
 何故?『君が代』を私たち日本国民は歌わないのでしょうか?いや、歌えないのでしょうか?
 苦い歴史があり、思い出したくない軍国主義・帝国主義の残像が伝え聞かされている事は、そして教育の現場でも暗に指導されてた歴史があり、『日の丸・君が代』には一種の違和感が育まれてしまった過去が今も引きずられているのかもしれませんね。
 世界のあらゆる国々には『国歌と国旗』があり、国民は事あるごとに国歌を歌い、国旗を掲げて自分の国を誇りに胸を張ります、言い換えれば『愛国心』を誇りを持ってあらわします。国民が自国に対して誇りを持ち国旗と国歌を心のよりどころに出来ることは幸せなことではないでしょうか。
 そこで、だったら です。
 君が代を歌うことに抵抗を感じる方にご提案です。ある政党の方(と言えばあの政党かとご察しでしょう)は国歌斉唱のときは口パクか福沢諭吉の学問のススメの出だしの「人は人の上に人を作らず・・・・」の文章を唱えるそうですが、今、「キミガァヨウハ チヨニィヤチヨニ・・・・・」と歌っているのは1番で、君が代には2番もあります。その2番の歌詞は数年前に調べたのですが今手元に見当たりません。1番を歌うのに抵抗のある方は2番を歌うのは如何でしょうか?良かったら私の作詞した3番は如何ですか。
 君が代 3番
 われらの国は 美しい自然と 
 平和と 人情を尊ぶ民で
 永久(とわ)に栄える 日本
 1番にしろ、2番にしろ、(3番にしろ)私たちが大きな声で胸を張って誇らしげに歌える国歌があったら嬉しいなぁと思いました。

投稿者 femil928 : 21:44 | コメント (0)

2011年10月21日

だったら 6-1 男女共同参画社会

 本当に『園長のひとり言』ですので、でも、ひとり言ですが根底には『子どもの幸せ・女性の幸せ』如いては『人間社会の・人間社会としての・人間社会らしい真の幸せを願って』大きな声でひとり言を、そっとつぶやいてみたいとこの項を展開したいと思います。
 くれぐれも、私は子どもたちの味方であるつもりですが、そのためには、子どもたちが世の中で一番大好きな『お母さん』が本当に心から幸せを感じて日々明るく・楽しく・何の心配事も無く家庭生活を営んで欲しいと願っている事を心の片隅にしっかり留め置いて欲しいとお願いします。なぜならば、子どもの幸せはお母さんの幸せがあって初めてなりたつものですから!!
 子どもにとってお母さんの幸せなくしては、本当の幸せはありえません!
 ぼちぼち本題に入りましょう。
 昨日は『イクメンの日』だったそうで、有名人のイクメンが、あなたは多くのお父様たちに育児に参加する事の大切さを知らしめる功績が顕著ですので表彰します、とのことで表彰の場面が報道されていました。皆様は育児休暇を取って2~3ヶ月職場を離れて育児に専念されるご主人をどの様に受け止めますか?ある市長さんは市長の職をさておいて育児休暇を取って話題になりました。あるお父さんは奥様が職場で働いている昼間に、炊事洗濯をして赤ちゃんにミルクを飲ませ、子守り歌を聞かせながら添い寝をし、奥様が帰宅するまでにはお買い物をして夕飯の準備を済ませ、赤ちゃんを風呂に入れて奥様のご帰宅に合わせて夕飯の準備をして・・・と、本人いわく、女性の家庭における仕事の大変さをしみじみと分かりました、家内には感謝感謝でいっぱいです。もし、この方が貴女のご主人だったら、如何受け止めますか。これって本当にすばらしいことですか。言葉は適切ではないかもしれませんが、動物のあらゆる種族でも凡そありえない現象ですよんね。動物と人間を同じ次元で考えてはいけないかもしれませんが、理性を持ち優しさを表現できる人間だからこそ出来る事だと言ってしまっても良いのでしょうか?お父さんにはお父さんの役目、お母さんにはお母さんの役目と言ったようにそれぞれがそれぞれの役目があるのが、それぞれがこの世の中に存在する意義ではないのでしょうか。誰でも良いんだ。お互いに助け合って出来る人ができる時にやってやることが助け合いであり思いやりだと・・・・・。それぞれの役目を、お父さんにはお父さんの役目、お母さんにはお母さんの役目を、この役目を・・・と言うとその役目を決め付ける事が、その決め付けの基準がそもそも性差別の根源だ、その決め付けが性差別をもたらすのだ、と考えて、男女は平等だ、お互いに助け合ってこそ、だから、男女共同参画社会をとなってしまうのではないのでしょうか。

投稿者 femil928 : 10:10 | コメント (0)

2011年10月17日

だったら5 サハリン・大鷲の子育て

 サハリン大鷲の子育てをTVで見ました。途中からで、子どもの鷲が巣立ちする場面からでしたが、感銘を受けました。
 巣立ちの時期を迎えると、親鷲は、それまで小まめに運んでくれた餌を一切運ばず、子鷲が自ら飛び立つのを一定距離を置いて励ますように見守ります。子鷲が飛び出して枝に掴まり損ねても、枝に引っかかって今にも落ちそうになっても、そっと見守るだけ、もっとも人間と違って手出しが出来るわけでもないのは確かですが、だたら子鷲も必死で頑張るのでしょうが、子鷲は何時間も悪戦苦闘してやっと巣に戻り、また再び巣立ちの練習を始めます。二日間も必死に頑張っても巣立ちは出来ず餓死しそうな時期を見計らって、三日目にやっと親鷲はいわしを運んできました。いわしは単にエネルギー源の餌としてではなく、水分補給の役目もしているのだそうです。きめ細かな気配りですよね。子鷲はその翌日無事に巣立ちが出来ました。
 見ていて『子育て』の大切なヒントを感じました。人間社会だったら・・・・・。

投稿者 femil928 : 08:05 | コメント (0)

2011年10月15日

エミールオリンピック、賑やかに、盛況のうちに終了

 本日、エミールオリンピックが御山小学校の体育館で、誰一人の怪我人も無く(当然か?!?)賑やかに、盛況のなか、楽しく、熱く、激しく、和気藹々に、厳しく、赤組の優勝で終わりました。エミールっ子もお父さんお母さんもおじいちゃんおばあちゃんもお兄ちゃんお姉ちゃんもみんな皆競技にご参加いただきまして本当に有難うございました。きっと今頃は家族全員でクタビレテ美味しいご飯をたらふく食べてぐっすりお休みかと思います。明日は皆さんの頑張りを讃えて特別に日曜日にしますのでごゆっくりおネンネシテ疲れた体をオヤスメください。
 それにしても皆様のあの燃え方は本当に巣晴らしかったですね!!!あの皆様の真剣に取り組む姿は絶対子どもたちに何事にも一生懸命やるんだよと言うメッセージを発信したと思います。きっと子どもたちもまじめに頑張る大人になってくれると信じています。
 今回は赤組の優勝でしたが、きっと次回のスケート運動会は白組も今回のリベンジと頑張ってくれる事と思います。次回12月15日(木)郡山磐梯アイスアリーナでのスケート運動会が楽しみですね。
 追伸  今回のエミールオリンピックに付いて、皆様のご意見を是非是非ブログやお手紙でお聞かせください。お便りお待ちいたします。

投稿者 femil928 : 20:14 | コメント (1)

2011年10月10日

エミールオリンピックのお知らせ

 例年、狭いながらもいつもの園庭で行われていたエミール幼児園恒例の『いもリンピック』ですが、今年は原発の余波で園庭は既に除染されて放射線量は0.2以下になりましたが、御山小学校のご好意によりまして小学校の体育館を使わせていただいて『エミールオリンピック』と名称を変えて行われる事になりました。競技時間も9時から11時半までの短い時間になり、恒例のいも煮汁のお昼の楽しみもなくなりますが、『エミールオリンピック』の名称の通り、参加する事に意義がある『オリンピック』のように常時全員参加の、金メダル目指した熱い戦いが繰り広げられる事と確信しています。
 入場料は必要ありませんので、皆様のご来場、ご観戦は大歓迎ですので、お時間のある方、是非遊びにいらしてください。心からお待ちいたします。
 あっ!そうそう、日時をお知らせしてませんでしたね。
 日時は、10月15日(土)午前9時~11時半
 場所は御山小学校 体育館ですので天候に関係なく、雨天でも決行です。
 駐車場も充分にありますので、係員の指示に従ってご駐車下さい。
 これぞ本当の、家族全員による『エミールオリンピック』ですので、是非是非皆様のご来場を心からお待ちいたします。

投稿者 femil928 : 15:22 | コメント (0)

2011年10月01日

本日は有難うございました。

 今日は入園希望者説明会にご出席いただきまして有難うございました。
 私なりにエミール幼児園の学育指針を一生懸命皆様にご理解いただきたく説明しましたが、言葉足りずになっていたかもしれませんね。
 折角ご出席いただいたのに申し訳ございませんでした。
 これからもこのブログを通して、出来るだけ丁寧に、微に入り細に入りエミール幼児園の学育精神・学育理念・学育信念・学育指針を具体的例を通してお知らせしたいと考えています。皆様のご質問にもお答えしたいと思いますのでどんなことでも結構ですのでどしどしご質問をお寄せください。ブログの上でも、お電話でも、または、ご来園いただいて直接ご質問いただいても結構です。もし、ご来園いただく時は、事前にお電話いただけると嬉しいですね。なぜなら、火曜日・木曜日は園外保育日で一般の幼稚園の遠足のような遠出に出かけますし、金曜日にはピュアスポーツのプールに出かけていますので、子どもたちは園にいません。月曜日は知能遊びと剣道の日です、そして水曜日は知能遊びとジャズダンスと音楽リトミックと太鼓遊びを行っていますので、いらっしゃるならば月曜日か水曜日が良いのでしょうね。
 まだまだ入園には余裕がありますので、良くよくご検討をして貴方様のお子様にぴったりの楽しい園をお選び下される事を心から祈っています。ゆっくり・じっくり・しっかり・悔いの無い園(縁)選びをしてください。

投稿者 femil928 : 16:34 | コメント (0)