2011年11月29日

『一人前』 2

 どうですか?皆様の「一人前」の条件はどんなものでしたか?
 学歴・職歴・経済力・社会的地位・人間性諸々の条件が思い当たりますよね。しかも、学歴一つを考えても、高卒以上、いやせめて大卒以上、いやいや一人前だから大学院以上は、卒業学校名は丸々大学、せめて六大学いや国立大は。職歴は公務員いや国家公務員、東証1部上場の一流会社の。経済力はせめて年収○○万以上あって家族4名を賄うだけの働きが無ければ。
 いろいろな条件が考えられますが、「一人前」の条件を満たしたように一般社会から見られても、昨今の例でも、大王製紙の御曹司、オリンパスの会長を始め一連の経営陣、かる愚痴が滑って本音を暴露して更迭、罷免された官僚や大臣、一時の誘惑に負けて不祥事を引き起こしたオリンピック金メダル選手や芸能人、著名人。何が何だか、何を持って『一人前』と判断すれば良いのか益々分からなくなっているのが現代ですね。
 しかし、つい100年ほど前までは『一人前』を量る計測器が在ったのですよ。
 さぁ、その計測器は何だったかお考え下さい。

投稿者 femil928 : 13:41 | コメント (0)

2011年11月27日

『一人前』 1

 先日、福島大学の中田先生の話を聞きました、その中で、一言で一人前と言いますが『一人前』とは何ですか?との話がありました。
 皆さんは『一人前』をどの様に定義付けますか。何を持って一人前と認めますか?考えるヒントとして、貴女のお子さんを一人前に育てるには、貴女はお子さんに何を育み、何を求め、何を良しとしますか?
 考えてみてください。

投稿者 femil928 : 09:55 | コメント (0)

2011年11月21日

メモ帳 2

 ブータン国王が来日して、数々の名言を残されましたので、そのいくつかをメモ帳に残したいと思います。
 初めに『竜の話』です。国王は子どもたちに、「皆さんは竜を見た事がありますか?」と問いかけ、竜は皆さんの心の中にいて、経験を食べて大きくなります。ですから、皆さんの竜をたくさんの経験で育て、皆さんが強く逞しく育ってください。ブータンでは竜は平和のシンボルですので皆仲良く平和に暮らしてください。と優しい笑顔で話しかけられました。
 次にメモりたいのは、3.11の大震災と津波被害と原発事故に対して、あのような大惨事はこの地球上で二度と遭ってはならないことですが、その惨事を乗り越えられる国と国民は、日本国と日本国民でありきっと乗り越えると信じています。私も遠くブータンの空から祈り願っています。との話をされました。
 そして、ブータンでは、『国民総幸福指数』を国策の根幹に据えていると云う事です。日本では国民総生産』で国民の幸せを表そうとしています。米国に次ぎ第2位だったGNPも、今や中国に抜かれ、新たな新興国にも脅かされそうな状態です。数字は別として、国民の『幸福度』は数%の高給取りを支えるために6~7割の年収2~300万円の低所得者で構成された日本国では押して知るべしですよね。経済を優先した国策では貧富の差があって当然です。こんなわが国で良いのでしょうか?
 今回のブータン国王の訪日はたくさんの提言を頂いたように思いました。

投稿者 femil928 : 08:56 | コメント (0)

2011年11月18日

メモ帳1

 先日、ある小学校の学習発表会に行きました。子どもたちはこの福島と言う劣悪な環境の下で、伸び伸びと明るく楽しく発表している姿を見て、見ている私たちに元気を与えてくれると同時に、『諦めないで元気を出して夢に向かって進もうよ』と励まされるような感動と感銘を受けました。全ての学年の発表が素敵でしたが、ここに5年生の『呼びかけ』を紹介します。この呼びかけの構成は5年生の先生方がしましたが、文章の一つひとつは子どもたちの一言であり、心からのつぶやきだそうです。ご紹介しましょう。

 平成23年度 5年生の『呼びかけ』 

 4月、僕たちは、5年生に進級した。
 でも、3学期途中で授業が終わり、心はまだ4年生のまま。
 突然転校していくたくさんの友だち。
 いつもと違う、新学期の始まり。
 放射能の影響で、草や土が触れない、花見も出来ない。
 そして 何と言っても、外で遊べない退屈な毎日。

 5月、運動会が延期になった。
 毎日 帽子にマスク、暑い日はとてもつらかった。

 6月、学校のプール開きが中止になった。
 プールに入れない夏。

 7月、5年生の米作りも出来なかった。
 楽しみにしていたのに。

 8月、他の県に避難した。
 福島ではどんなに暑い日でもプールには入れなかった。

 9月、ガラスバッチを付ける生活が始まった。
 僕たちは何も悪いことはしていないのに・・・・。
 福島に生まれて、自然豊かな福島に、育ってきただけなのに・・・・。

 あの日から 時間が止まってしまった。

 福島にはたくさんの良さがある。

 吾妻山の白うさぎ。
 五色沼。猪苗代湖。
 相馬の海の海水浴。キャンプ。
 泥だらけになっての 潮干狩り。
 美味しい魚。メヒカリ さんま。
 美味しい野菜や果物。桃、なし、りんご。

 福島には自然があふれている。
 本当の空もある。
 支えてくれる温かい心がある。
 
 私たちの誇り 福島。
 私たちが生まれた 福島。
 僕たちが育ちゆく 福島。

 わたしたちの 故郷は 花も実もある 素晴らしいところ。

 震災前のように 外で自由に遊びたい。
 芝生の上を 駆け巡りたい。
 土遊びもしたい。
 そして 美味しい福島の野菜や魚を食べたい。
 この故郷を 取り戻したい。

 どんな困難も 一人ひとりが 力を合わせれば 必ず乗り越えることが出来る。
 何があっても くじけず、困難を 乗り切ろう。
 一人ひとりが 信じ合い、助け合おう。

 未来の福島は、
 震災や災害に負けない 福島。
 笑顔のあふれる 福島。
 世界に誇れる 平和な 福島。

 こんな福島に 私たちはしたい。

 友達がいるから がんばれる
 助け合える 仲間がいる。
 励ましてくれる 仲間がいる。
 何があっても 負けないで 前を向いて歩こう。
  (全員) 前を向いて歩こう。
 涙が出るほどつらくとも
  (5人) きっと 立ち直れる。
  (全員) きっと 立ち直れる。
 きっと 笑えるときが来る。
  (10人) 未来がある。
  (全員) 未来がある。

 ♪ アイラブユー アイニードユー 福島 ♪
    (全員で大合唱で)  幕   

投稿者 femil928 : 11:13 | コメント (0)