2013年02月10日

悶々

悶々
 しばらくぶりでした。女子柔道の暴力事件、有名スポーツ校の暴力事件、相も変わらない学校のいじめ問題、それぞれに対する連盟・学校・教育委員会の対応など報道を通して知る限りは、どれ一つ根本問題に触れず、泥縄的、付け焼刃的、被害者の立場ではなく、自らの立場の擁護に主力が持たれ、責任転嫁に躍起になっているとしか考えられない内容で、日々悶々としていて、教育改革の筆が走らないのが現状でした。

すべては子どもたちのために

 子どもたちの本当の幸せを考えるときこんな出鱈目な解決方法で問題解決とすることで良いのでしょうか?

すべては子どもたちのために
 
 なぜ?なぜ?なぜ?このような事件が起きているのでしょうか?

すべては子どもたちのために

 女子柔道の監督もコーチも、オリンピックで一つでも多くの金メダルを取りたいと考え願っているから、強くなる方法を本気で真剣に『教え』、何度も何度も繰り返し指導して『育てよう』とする余り、覚えの悪い子、育ちの遅い子にはついつい、本気であればあるほどムチ(激励と失望の入り乱れた感情表現)が入るのでしょう。このムチにも色々なムチがあることと思いますが、目標を高く持てば持つほど暴力に近い過激なムチになり、こんな問題になるのでしょう。

すべては子どもたちのために

 有名スポーツ校の部活動でも、多くの子どもたちはその有名校に入学してレギュラ選手になりたくて頑張っています。きっと多少の体罰は覚悟の上の入学でしょう。建前では「そんなことありません」と云わなければなりませんが、そうです!そもそもこの様な建前で現実を隠してしまい本音が言えない状況が問題解決につながらないのです。顧問の先生は学校の伝統を守るために本気でビシバシと『教え込もう』とします。子どもたちも一流選手に『育ててもらおう』と考えています。そこには両者の間で、ある時には父兄も交ざって多少の厳しい指導は願っている事であり、そうしなければ全国一、日本一にはなれないのが現状でしょう。
  
すべては子どもたちのために

 いじめの問題も不登校の問題も非行の問題も原因はスポーツ界の暴力や体罰問題と同じことです。学校では先生が一生懸命に情熱をもって『教えよう』とします。子どもの個人的興味や能力の差など考慮できずに、文科省の指導要領に沿って年間の決められた時間数の中で、言葉は不適切かもしれませんが、一方的に『教え込まれ』ます。そうすることが子どもたちを『育てる』ことだと確信をもって育てようとします。先生の情熱と本気についていける子どもは育ちますが、そうでない子には、本来楽しいはずの学校がつまらないところになり、いじめや不登校になり非行へと発展しているのです。

 すべては子どもたちのために

 『教え』『育てる』つまり『教育』が続く限り、目標が設定されそれに忠実に結果を求め続ける以上、指導者が情熱を持てば持つほど暴力体罰、いじめ、不登校、非行はなくなりません、と云う事はご理解いただけますか。

  すべては子どもたちのために

 多くの子どもたちの問題を解決するには、教育ではなく『学育』つまり『学び』『育つ』、教師が主体でなく、子どもたちの自主性を大切にした『学育』に転換しなければ解決はできません。選手が、子どもたちが『学びたい』環境を作り、子どもたちの自主性がより上に向上する意欲に導いてやれる『認める言葉』を掛けられる環境が整わなければ問題の解決はできません。

 すべては子どもたちのために

 やる気を育てることが本当の育てです。やる気は多くの経験と失敗とを乗り越えて『やればできる』の自信を体験させることで培われるものです。
 教育をもう一度、建前でなく本音で考え直したいものですね。そして、その時にはいかなることも子どもの事を考えて、子どもの幸せのために私たち大人は教師は指導者は何をするべきかと云う原点に立ち戻って考えれば間違った解決策にはならないと確信します。

  悶々がさっぱりした訳でもありませんが、ひと区切りをつけて、また、教育改革「学育のススメ」を続けたいと思います。

投稿者 femil928 : 15:54 | コメント (0)