2014年02月08日

ユートピア 『選挙』 2

 『選挙』で前回は大統領制について書きましたが、それ以前にもっと大切な事を書き忘れました。

 現行の選挙制度に問題が無ければ何も書くことはありませんが、残念ながら問題だらけの選挙のお蔭で今の世の中が問題だらけになっていると言い切っても過言ではないと確信しています。

 まず初めに、20歳になったら選挙権、25歳になったら被選挙権が国民平等に与えられますが、ここに問題があります。選挙権を20歳から18歳に引き下げようと企んでいますが、とんでもない事です!選挙の投票率が低いから、もっと若者にも関心を持ってもらい若者の意見を政策に反映したいからと聞こえの良い事を言っていますが、選挙権は現行の20歳で十分です。むしろ、被選挙権が大問題です!25歳になったら誰でも「被挙権」がと言うところに問題があります。選挙権は平等に誰にでも与えなければならない権利ですが、被選挙権は25歳ならだれでもがと言う事になっているために、甘えん坊のばかボンボンが親の七光りやおじいちゃんの地盤やシッカリため込んだ悪銭で、先祖代々世襲的に代議士様になれるシステムが悪政をのさばらせているのです。被選挙権は一定の厳格かつ公正な検定試験を合格した、本当に国政に、政治に携わる資質を有した者だけが初めて被検挙権を得る制度にしなければなりません。ご覧ください!今の政府はお坊ちゃまたちの仲良しグループの苦労知らずで構成されているから、理性も誇りも無くお金のために国民の生活を無視した大企業一辺倒の政治が、挙句の果てに子どもの頃の戦争ごっこの延長線上に国防を考えてもっと拳銃が欲しい、戦車も戦艦も、相手に負けない軍事力が欲しいそのためには憲法の解釈を捻じ曲げて兵隊さんを育てたいと仲良しさんの学識経験者に諮問会議を委ねて自分たちの都合のよう答申を得てこれぞ国民の意向と、飼いならしたマスコミに報道宣伝させ国民の気持ちを誘導しようとするナンセンスな政治が行われているのです。
 医学に携わる人は医師免許を取得しなければなりません!先生になる人は教員免許を取得しなければなりません!弁護士になる人は厳しい国家試験に合格しなければなりません!なのになぜ?政治家は【お金と地盤と有名】があればばか(敢えてひらがなにしました)でもチョンでもなれるの?これって七不思議にも劣る不思議ですよね。
 二世、三世、先祖代々の議員はやめさせましょう!!いや、私たちひとり一人の国民がこれからの選挙の時にしっかり確認して投票すれば良い事です!!

投稿者 femil928 : 2014年02月08日 09:50

コメント

コメントしてください




保存しますか?